その他

コロナ禍ってなんて読むの?

投稿日:

コロナ禍ってなんて読むの?

昔、『禍々(まがまが)しい』って言葉使ってる人がいて、そんな言葉いつ使うんだろう?って思ってたけど、今みたいです。

"コロナ禍(か)"

最初"コロナ鍋"にみえて、知らない間にグツグツ煮詰まってお終い…?うまい事言うなぁと思ってたら違ってました(笑)

わざわいという読み方もあり、「災」とほぼ同じです。

使い分けとしては、

災…防ぎようがないもの。地震、火山の噴火など。

禍…工夫や予防で防げるもの。

今回の新型コロナウイルスは、工夫や予防をすれば防げたという事で「禍」という事みたいです。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響による、様々な「禍」も工夫で乗り切りたいものです。

以上。漢字のお勉強でした。

 

おうちで音楽の授業

岐阜県各務原市のシャルテ音楽教室では、新型コロナウイルスの影響で学校や音楽教室がお休みのこども達のために、おうちで音楽の授業が受けられる動画の配信をはじめました。

ぜひ一度ご覧ください!

ミパラの音楽室

-その他

Copyright© シャルテ音楽教室|岐阜の音楽教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.